トレード分析@USD/JPY#022

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

2018年5月28日から6月1日までのトレード分析です。

先週は経済指標や地政学的リスクのネガティブな材料からの下降トレンドとなりましたが、今週はどういった動きになったでしょうか。大きな指標も多く北朝鮮の問題も色々と動きそうな雰囲気があったので状況次第では更に掘り下げて下降トレンドとなる事も考えられましたし、逆に下降トレンドからのポジティブサプライズにより大きく上昇する流れに変わることも予想されました。
Point1ですが週初めは109.70あたりの上窓から始まっていますね。そこから窓を埋めるべく109.40まで下がりまた上がって行くかなと思いましたが109.60で抑えられて再び下がっています。先週の安値からの下の波は徐々に切り上がっては来ていましたが今週はじめの109.80の高値から次の波の高値が109.60で高値の波が切り下げられてからのヨコヨコな動きで上値が重く感じられました。結局チャネルライン下限をブレイクして109.00まで下落しています。

Point2は109.00からの揉み合いで売りと買いの攻防ですが売りが勝って109.00のサポートラインを割り込み108.40まで下落しています。ここから反発して上昇していきましたが先程の攻防していたサポートラインがレジサポ転換によりレジスタンスラインとなって抵抗にあい109.00で再び下落して108.00を目指す動きとなりました。

Point3は108.11まで下げたところからトレンドが転換したポイントとなります。108.00のサポートが強めに意識された事とアメリカ経済の減退や北朝鮮問題に対して少し落ち着いた感がでたからか108.00にタッチする前の109.11で反発するかたちとなったように思います。

Point4は109.00のレジスタンスラインの2度の攻防になります。どちらも抵抗にあって一度下げる動きを見せています。

Point5ではPoint4での抵抗から108.00トライが意識されると思いきや108.38で踏みとどまって再び上昇しています。この動きで波の安値が切り上げられて再び109.00をトライする事となります。

Point6は水曜日の108.11からの上昇トレンド転換となって3度目のトライで109.00を抜けていきました。Point5で安値を切り上げた事で上への意識がより強く出た事で109.00を抜け易くなっていたと思います。ちょうど60分足チャートで抜けたあとに雇用統計の結果が良かった事とEMAがゴールデンクロスした事で上への勢いが加速して109.73まで上昇していますね。

週末は107.73から少し手仕舞い売りが入って109.57あたりで終わりました。

注目イベントはほぼほぼ良い結果が出ていたと思います。特に週後半の上昇トレンドは週末雇用統計の期待感からの上げがあったように感じます。そして雇用統計の指標結果も良かったことから更に勢いが増した感じがします。

チャートナビ

今週は週の前半から後半に入って目線を切り替えてトレード出来たかがポイントになります。

Entry1は月曜日の波の高値の切り下げを見てEMA25の紫線でタッチしたあたりからの売りのエントリになります。エントリポイント付近のチャートの動きを見ると上下の値幅が小さくヨコヨコとなっていたのでどちらかに大きく動く可能性のあった箇所だと思います。チャネル下限は徐々に切り上げていましたが月曜日からの波の切り下げの大きさと下降トレンド中であったことが根拠の売りですが、ここで上昇トレンドに転換する可能性もあったと思うので利確・損切りはしっかり意識したいところですね。利確ポイントはサポートラインの109.00までが良いと思います。

Entry2はレジサポ転換した109.00での売りでのエントリです。ちょうどEMA25の紫線にタッチした箇所でもあります。利確ポイントは本来なら108.00付近が良いと思うのですが早めにサポートラインを反発してしまったので次の波の下げを狙って利確したいところです。

Entry3は同じくレジスタンスラインの109.00を意識した売りでのエントリで利確ポイントとしては前回反発した109.40あたりとなります。しかしEntry3のエントリポイントから予想している109.40に届かずもう一度上昇して109.00を試しにいっているので無理に利益を撮ろうとせずに建値決済で逃げても良いですね。このEntry3はドテンするポイントかなと思いますね。安値を切り上げつつ109.00を試しに行く動きをしている事とEMAが徐々に各線の距離感が収縮しているので売りの勢いが相当弱まっていると思いますね。

Entry4は109.00を上に抜けて一度押し目を作ったあたりでの買いのエントリとなります。EMAもゴールデンクロスしていますね。利確ポイントは109.80あたりが良いのですがここまで届かなかったら週末ということもあるので109.50あたりで利確手仕舞いが良いのではないかなと思います。

トレード成績

今週はプラス収支で終わりました。先週は大きくマイナスとなってしまったのでなんとかトレードを持ち直す事が出来て良かったです。

5月は先週の損失が響いてマイナス収支になってしまいました。しかし早めの損切りを決断したので被害もそれほど大きくはなく少し原資割れしていたのもすぐに取り返す事が出来ています。

あのまま持ち続けていたら間違いなく強制ロスカットで大きな損失となっていたのでやはり早めの損切りは大事だなと実感していますね。

FXは失敗から学んで安定していくものだと考えているのでやり直せる道を常に選択して動いていかないといけませんね。

週間
勝率 67%
損益率 1.552
獲得pips 88.3pips
決済損益 8,830円
月間(5月分)
勝率 72%
損益率 0.358
獲得pips -36.5pips
決済損益 -3,273円
年間
勝率 66%
損益率 0.520
獲得pips 45.8pips
決済損益 4,572円
総資産 504,572円
1月 -54,296円
2月 33.002円
3月 16,016円
4月 12,933円
5月 -3,273円

来週の展望

注目イベント

来週は重要な指標は少なくあまり気にしなくても良さそうです。どちらかといえば北朝鮮問題などの地政学的リスクの動向に目を向けた方が良いと思います。

チャート予想

来週の展望は今週の流れから上目線で攻めていきたいと思います。おそらく勢い的には110円は抜けていくのではと予想しています。

Pattern1は111円台トライの上昇トレンドになります。110.00は一度目は反発されるかもですが、2度目か3度目でスッと上に抜けてくるのではないでしょうか。それか案外1度目で抜けるかも知れませんね。そうした場合は押し目買いを狙えるのではと思います。

Pattern2は少し下げるパターンですが110円を抜けるかどうかだと思いますね。もし抜けなかったとしても大きく下げることはなく109.00でサポートされるのではないでしょうか。

最後にPattern3ですがこれはネガティブサプライズがあった場合のパターンとなります。通常の流れで行けばこのパターンになる可能性は低いのですが、万が一再びアメリカが北朝鮮といざこざを起こしてしまうとナイアガラとなってしまいそうな気がします。そして中国も東シナの兵器問題でなにやら不穏な動きを見せているのでそこも注意しておいたほうが良いのかなと思います。

一応報道では予定通り6月13日に米朝首脳会談が行われるそうなので何事もなければいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です