トレード分析@USD/JPY#019

2018年5月7日から5月11日までのトレード分析です。
今週のチャートは先週の高値110.03と安値108.65の間で推移していました。週の前半と後半でチャートの動きに大きな違いを見せたかたちとなりました。

月曜日はほぼ窓なしの109.10あたりで始まっていますね。先週の後半の下降トレンドを少し引きずるように108.80あたりまで下落していますが、その後は持ち直して109.40まで上昇しました。

しかし109.40は先週の高値110.03と安値108.65のフィボナッチ50%だった事もあり少し揉み合いを見せて火曜日に入って再び下落していきました。そしてこの時点では先週高値110.03を天井とした三尊を形成しそうな状況だったように思います。

火曜日の108.85から上昇していき水曜日にはいって109.35まで上がりましたが再びフィボナッチ50%の抵抗を受けて108.82まで下落します。しかしここから急転して再び109円台に戻すと109.00から109.10での揉み合い後に一気に噴き上げて行きました。思えば火曜日最初の108.85の下落あたりで強い支持ラインがしっかり出来上がっていたのではと推測しています。ここの強いサポートを受けて上がったために3度目のフィボナッチ50%の抵抗も突き抜けて上昇していった様な感じがしますね。また109.50を抜けた事により三尊形成は崩れたとの判断もあったと思います。

水曜日のロンドン時間あたりから木曜日にかけて109.70あたりをさまよっていましたが木曜日のロンドン時間あたりで再び上昇していき今週高値の110.01まで上昇しています。

しかし先週に続き再度110に到達した事から調整に入ってしまい、109.20まで急落して109.20-109.50の間を少しずつ安値を切り下げる様なかたちで上下しながら今週は109.30で終わりました。

注目イベントも指標結果は少し停滞感があるでしょうか。しかし大きく下げるほどではないように感じます。

チャートナビ

前半

週の前半は難しかったです。三尊形成からの下落を気にしつつ110円を目指す動きも気にかけながらのトレードになるのでどちらの目線を持って入れば良いかかなり迷いました。

月曜日と火曜日は様子見となります。どっちつかずの動きをしていてとても入れるような状況では無いように感じました。

水曜日は109.35を抜けた事と109.60まで付けて109.50で揉み合い出したことに加えてEMAがゴールデンクロスしたところでもあったのでロングで入れたのではと思います。利確ポイントも110円を目指すと予想していれば手前の109.90あたりで利確するか110円にタッチするまで我慢して利確するかのどちらかになるかなと思います。

後半

木曜日は上昇トレンドからの押し目となる紫線EMA25にタッチした109.65でロングで入り、利確は110.00までにしておいた方が無難ですね。

更に先週の時と同様に110.00にタッチしたあたりでショートに入ってみるのも良いと思います。これは今週のアメリカの指標があまり良い結果とはいえない状況と110.00の強いレジスタンスにより110を抜けるだけの材料と勢いがまだ無いように感じたからです。利確をするなら紫線EMA25にタッチした109.70あたりになります。

週末は109.15まで下がった事で週末ショートの手仕舞いからの少しの上げ幅を取って行きたいですね。先週高値と安値のフィボナッチ61.8%付近の109.20あたりからロングで入り、利確は紫線EMA25がタッチした109.35-109.40の間が良いと思います。

トレード成績

今週は先週の含み損をどうしようかなと考えていましたが、先週の予想通り上昇したので含み益に転換した109.35あたりでポジションを決済しました。結果的には110円まで上昇いたのでここまでポジションを持ち続けていれば爆益ではあったのですが、三尊形成からの下落の可能性もあったことを考えると一旦手仕舞いしてしまった方が良いとの判断です。また含み損を抱えてしまった時点で損切りも考えないといけない状況だったのであまり欲張らずに想定した値段で終わらすのがベストな選択だと思います。

今週も含み損を解消できたのもあって収支プラスで終わる事ができました。しかしトレードは読みの甘さが目立ってしまって指値注文を入れても0.3pips届かなかったりとチャンスを逃すことが多かったです。エントリポイントの改善が今後の課題になります。

週間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益
75%
0.836
50.0pips
5,091円
月間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益
84%
0.662
76.6pips
7,751円
年間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益
評価損益
総資産
●1月
○2月
○3月
○4月
66%
0.584
157.0pips
15,406円
0円
515,406円
-54,296円
33,002円
16,016円
12,933円

来週の展望

注目イベント

来週の注目イベントも大きなものはないと思いますが、やはり全体的に前回値よりも低い予想値となっていて景況感が値動きに影響をあたえることはあまりない様な気がします。

チャート予想

今週も3つのパターンから予想してみたいと思います。

まず上昇トレンドとなる場合ですが先週からの強いレジスタンスラインとなっている110.00がポイントになると思います。先々週と先週に引き続き3度目のトライとなりますが、3度目ともなると1度目と2度目に比べると抜けやすいのではないかなと思います。逆にそれでも110.00のレジスタンスが強く抜けなかった場合は売りの勢いが強まって大きく下げてくる可能性もあるかなと思います。

次にレンジ相場となる場合ですがこれもやはり110.00がポイントですね。ここを抜けないとやっぱり大きく下がるしかないと思います。しかし110.00のレジスタンスから売りを勢いづかせるためには大きな下げ材料でもなければ109.00あたりでサポートされて再び上昇トレンドへと転換してレンジ相場になるのではないかと考えています。大きな材料としては北朝鮮やイランの非核化の問題がどのように進展していくかがカギとなりそうな気がします。

最後に下降トレンドとなる場合ですが、現状では2度目の110.00トライからの下降トレンド中なのでそのままずるずると下降続けるかも知れませんね。109.00にサポートラインがあると見ているのでここで支持されれば3度目の110.00トライはありえると思いますが、ここも割り込んでくると108.50あたりまでは下げてくるのではないでしょうか。一旦109.00を割り込んでしまうと今度は109.00がレジスタンスとなる可能性もあってそうなると上値が重くなっていき徐々に売りが優勢になっていって最終的にさらなる下落を呼び込む可能性があると思います。

どのパターンも基準となるラインの見極めが大事なのですが、今回のラインは110.00と109.00が大きな基準となると予想しています。この基準からどの様な戦略を立ててトレードをしていくかを考えてエントリできると判断した時、その戦略にあった自身の持つ戦術を駆使して利益を積み重ねていけるように頑張りたいですね。

この記事をシェアする
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です