トレード分析@USD/JPY#017

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

2018年4月23日から4月27日までのトレード分析です。
今週のドル円は大きく上昇していきましたね。108円で一旦下げるのではと思っていたのでかなり予想外の展開になりました。
月曜日は上窓開けて始まりましたがすぐ窓を埋めて107.80あたりで漂ってました。ロンドン時間に入ると急に上昇していって108円で反発するかなと思っていたのにそれすらもあっさり超えて108.20まで上昇しています。ここで少し揉み合ってニューヨーク時間に入って再び大きな上昇を見せています。

火曜日になると108.60から108.80までゆっくりと上がっていますがニューヨーク時間に入ると再び大きく上昇してついに109円をも抜けていきます。

水曜日になった直後に一旦急落していますが、その後は買いの勢いが強いのもあって木曜日までに109.40まで上げ続けました。

金曜日にかけては週初めの大きな上げによる調整なのか109.00-109.40のレンジ相場となって週末は109.53を付けた後に週末手仕舞いの利確売りが先行して109.05まで落ちて終わりました。
注目イベントの結果ですが、概ね予想通りの結果か少し良かった感じですかね。なのでドル円はあまり下げるような状況にはなかったと思います。日銀の政策金利発表などもありましたが、ほぼレンジで動いていたのであまり影響がなかったように思います。というか、日本の経済指標ってあまりドル円にほとんど影響していないような気がしますね。気をつけるのは要人発言からのネガティブサプライズのナイアガラくらいかと思います。

チャートナビ

前半

今週は108円越えたあたりから上昇トレンドに乗っかれといった動きでしたね。
月曜日は109.20でロング、利確はキリ番109.00手前の少し揉み合いだしたあたりです。

火曜日は入るところはありませんでした。

水曜日は急落後の108.60あたりを拾いたいです。利確は火曜日に付けた109.20までが良いでしょう。あとそこから109.00まで少し下げたあたりでロングを入り直しても良いですね。ちょうどキリ番と紫線EMA25のタッチする付近になるのでこれを根拠に入るのもありです。この場合は109.20を越えずに戻して108.80あたりまで下げたら損切り、利確は109.40での揉み合いかなと思います。

後半

後半は109.00-109.40のレンジで動いていますね。週前半で上がりすぎたための調整かと思いますが、この場合はこのレンジでスキャルして利益を積み上げていけば良いと思います。

109円後半は上値が重いと判断していたのでこの週末にかけて109.50以上をつければショートは狙い目かなと思っていました。最後の最後で109.53を付けたのでここからショートで利確はレンジ範囲内の109.00までとなります。

トレード成績

今週は大きく予想と違ったチャートとなってしまいましたね。しかしそれよりも今週はずっと体調不良からほとんどトレードできませんでした。トレードどころか仕事も3日間休んで寝込んでました。(汗)

今もまだ治りきっていないので来週はせっかくのGWなのに静養して終わりそうな予感です。

今週はじめに108.00のショートを狙っていましたがここを抜けたので損切り、そこから体調不良で様子見からの最後109.50からショートで何とか取り返した感じです。

最終的には微益ですが収支プラスで終われたので良しとします。

週間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益
50%
1.278
7.3pips
743円
月間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益
60%
2.765
128.7pips
12,933円
年間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益
評価損益
総資産
●1月
○2月
○3月
65%
0.582
80.4pips
7,655円
0円
507,655円
-54,296円
33,002円
16,016円

来週の展望

注目イベント

チャート予想

来週の注目イベントはFOMCの政策金利と雇用統計がありますよね。まず政策金利は予想通りとなるので大きな影響はなさそうな気がします。注意したいのは雇用統計の方ですね。雇用統計は大きく改善されるとの予想ですが、前回値より良くても予想値に届かなかった場合は下げてくる可能性もあります。単純に前回より良かったかどうかではなく予想値と大きく乖離していないかどうかもみる必要がありますね。

来週の予想ですが、108.00-110.00の間のレンジを予想しています。上昇して110円を試す可能性は大いにあるのですが一度では抜けないと思っていて、その場合の三尊形成などのチャートのかたちに注意したいところです。2度目の110を試しにいくのか一度目の110円到達からの一服感で下げてくるのか注意したいところです。

また下げる場合でもアメリカ経済や地政学的リスクなどの状況からリスクオン傾向となっているので底は固く108.00までじゃないでしょうか。特に北朝鮮が韓国との首脳会談で終戦・非核化を宣言したとの報もあるのでより不安材料がなくなっているのではと思います。

来週はGWもあって東京時間とロンドン時間以降のチャートの動きの変化も気をつけつつトレードしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です