トレード分析@USD/JPY#006

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

2018年2月5日から2月9日までのトレード分析です。

今週は少し荒れた相場となりました。窓なし110.10から始まり月曜日の午前中は先週高値110.40からの戻りを受けて109.70まで値を下げましたがNY時間に入り再び110.2まで上昇しました。しかし、この時NYダウが1年8ヶ月ぶりとなる大幅安になるなど日本・アメリカ株価は軒並み株安となりリスク警戒感からドル売り円買いが進み大きな下落となりました。
この株安は自動売買の売りにより自動売買が更に売るという売りが売りを呼んだようで、ドル円もこのあおりを受けて火曜日には先週安値付近の108.45まで下落しましたが108.50のサポートラインの反発を受けて上昇して行き先週の上昇トレンドのネックラインとなる109.70まで値を戻します。しかし株安の警戒感から上値が重く再び108.91まで下落して行きます。ここで株価が少し回復した安心感からか木曜日には109.78まで戻しますが木曜日NY時間になると株安リスクが拭えず三度下落して金曜NY時間になって108.50のサポートラインをも割り込んで108.05まで下落して行きました。

最終的に108.00の強いサポートラインの強い反発から108.80あたりまで値を戻して今週は終了となります。今週は株価に大きく振り回された相場になりましたね。

チャートナビ

月曜日

月曜日は先週からの上昇トレンドを受けて押し目買いから入りたかったです。ネックラインの109.80で反発して110.00を抜けたら買いに入りたかったですが、概況でも述べた通り大きな下落になりました。はっきり言って事故みたいなもので、本来ならこのネックラインを損切りラインとするべきですね。

ちなみに私はここでロングに入って事故に遭いました。

火曜日

火曜日は109.00で揉み合いがありました。ここで上に行くなら押し目を待ってロングです。下に行くならサポートラインあたりで買いが良いと思います。下降トレンドなので109.00あたりで早めの利確が良いですね。

水曜日

水曜日は上昇からの押し目で買いで入っても良いですが109.80のネックラインがレジサポ転換している事からこの前に利確したいですね。また下落して109.00あたりでも買いで入って109.00を割れば早めの損切り、上がれば同じ109.80あたりまで保持しても良いと思いました。

木曜日

木曜日はダブルトップになっているので押し目で入ると危険かと思います。また株安リスクで上値が重たい状況でしたので明確に109.80を抜けるまではロングしない方が賢明です。また下目線の場合も109.80あたりからショートを入れて浅めの損切りで対応するのが良いと思います。

金曜日

最終日は大きな下げからのトレードでサポートラインを意識するならロングで攻めても良さそうです。ただ大きな流れでは下降トレンドなので早めの利確を行い。上がったら戻り売りのショートを狙う感じで売りと買いを使い分けながら利益を重ねるのが良いかと思います。大きなレンジ下限付近の108.00〜108.30あたりまで下がればここからロングを狙うのはありです。

トレード成績

週間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益
65%
1.075
94.6pips
9,540円
月間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益
72%
1.012
157.1pips
15,838円
年間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益
評価損益
総資産
入金額
出金額
●1月
62%
0.333
-386.5pips
-38,458円
4,924円
461,542円
0円
0円
-54,296円

来週の展望

注目イベント

2月14日(水)
 19:00【EUR】
 ・四半期GDP(前月比/前年比)
  @前回:0.6%/2.7% 予想:-/-
 22:30【USA】
 ・消費者物価指数(前月比/前年比)
  @前回:0.1%/2.1% 予想:0.3%/–
 ・消費者物価指数コア
  @前回:0.3% 予想:0.2%
 ・小売売上高(前月比/除自動車前月比)
  @前回:0.4%/0.4% 予想:0.4%/0.4%

チャート予想

来週も今週同様株価に引きづられる可能性がありますね。なので再び108.00を試しにいく可能性があると思います。108.00を抜けると去年からの大きなレンジをブレイクする事も考えられるので注意したいところです。アメリカ経済的には堅調ではあるので株価リスクも来週耐えれば上を目指すんじゃないかと思っています。なので108円割れを警戒しながらですがレンジ下限あたりでは買いで攻めていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です