トレード分析@USD/JPY#003

2018年1月15日から19日までのトレード分析です。

今週は先週の三角持ち合いを下にブレイクして下降トレンドとなった途中の111.00あたりから始まりました。この位置はちょうど日足チャートでみるレンジ相場の107.31-114.73の半値付近に位置します。赤色線フィボナッチ50%がそのラインですね。去年11月はこの111.00から反発して113.75まで大きく値を戻しましたが今回はこの111.00をブレイクするのか再び反発してダブルボトムを形成するのか注目していました。
結果としては月曜日の東京時間にあっさりと111.00をブレイクして下降していき水曜日には110.19の安値を更新しました。しかしここで赤色線フィボナッチ38.2%のサポートラインの支持を受けて反発し、111.00のレジサポ転換とならずに抵抗受けることなく111.48まで値を戻しました。ただ売りの勢いが強いのか再び111.00を割り込み上昇トレンドへの転換とならずに下降トレンド継続への可能性を持たせつつ110.77あたりで終了しました。

チャートナビ

月曜日

月曜日はサポートライン付近で開始しました。反発するのか割るのか揉み合うのかと注目しましたがあっさりと111.00を割って下に行き110.20を目指す動きをしました。このサポートラインを割った110.90あたりで入るのが良いと思います。慎重に行くなら一度上げてからのショートで入っても良いと思います。

火曜日

火曜日はこの月曜日の下降トレンドの流れを受けて下がって行きましたが、東京時間に110.32をつけて上昇していきました。ここで反発した理由を色々と分析してみまたがどうしても納得行く理由が見つかりませんでした。何かしらあるのでしょうがもしわからないようならあまりここでトレードするべきではありませんね。その後はネックラインとなる110.90あたりで抵抗にあい少しさげて110.60で揉み合う事となっています。

水曜日

この日は110.60-110.90で揉み合うかたととなっています。この小さなレンジのラインブレイクを狙うのが良いのでしょうが、どちらかと言えば大きな流れでは下降トレンドの中でまだサポートラインに到達したとは言えない状況だったので、ショートのレンジブレイクを狙うのが良いかなと思います。またレジサポラインは一度目はほぼほぼ抜けることはないと思うので逆張りでサポートライン付近から逆張りロングを狙うのも良いと思いました。結局サポートライン付近で反発して再び110.90まで値を戻したあとに110.60あたりで揉み合う事となりました。この状況ではどちらかにブレイクするような感じで動くまでは無理にエントリせずに様子見するのが良いですね。

木曜日

火曜日と水曜日のチャートの動きから逆三尊を形成しそうなかたちになっていました。この場合だと110.60あたりでロングを入れて110.60を割れば浅めの損切りを入れておくのが良いと思います。ただ111.00を抜けるのか反発するのかがわからない状況でしたので111.00の手前あたりで利確しておいて、111.00を抜ければもう一度ロングを入り直すのも良いと思います。

結果は111.00を抜けていったのですが111.48で抵抗にあってそこから再び下を目指す動きに転換しました。この111.48もレジスタンスラインと考えていなかったのですが、後になって考えてみてもここでの反発の理由が見当たらなかったです。111.00を抜けた事で112.00を目指して上がって行くのかなと思ってしまいました。

金曜日

週末は前日からの流れで下降していきましたが、110.60のサポートが強かったみたいでここから反発して上がっていきました。この位置は火曜日と水曜日での揉み合いで110.60で何度も反発されているところになるのでこの反発を利用して110.60あたりでロングを入れても良いと思いますが111.00のレジスタンスの抵抗を受ける可能性を考えて111.00手前で利確するように考えておいた方が良いかなと思います。

その後はネックラインの111.20まで挙げた後に再び下げていき、また110.60でもも合うかたちで今週は終わりました。下降トレンドと見るならEMA25の紫線のちかくでショートしても良いと思います。

トレード成績

今週は先週からのロング塩漬けを予告どおり、110.78で全て損切りしました。(涙)
とりあえずメンタル的な回復もそうですが、トレードの見直しや負けトレードの分析をした上で再度トレードし直したかったので今週のトレードは見送りました。先々週からのレンジはブレイクしないと思い112円台でいくつかロングポジションを抱えていましたが、ブレイクしてしまった後のケアを怠ってしまったために損切りタイミングを見誤って損失を拡大させてしまいました。細かい要因は色々とありますが、一番の大きな理由としては
「事実を見ずに希望でトレードする」
事をしていたからに他ならないと考えています。これは想定していたレンジのブレイクした事実を見ずに大きく下がり過ぎた事ですぐに戻してくれるだろうとたかをくくってしまっていました。しっかりとチャートと向き合えていないですね。(汗)

週間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益


-624.4pips
-62,394円
月間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益
42%
0.225
-549.0pips
-54,836円
年間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益
評価損益
総資産
入金額
出金額
42%
0.225
-549.0pips
-54,836円
0円
445,164円
0円
0円

来週の展望

注目イベント

1月23日(火)
 −−:−− JPN 日銀政策金利
        【前回:-0.1% 予想:-0.1%】
 15:30 JPN 黒田日銀総裁定例記者会見
1月25日(木)
 21:45 EUR 欧州政策金利
        【前回:0.0% 予想:0.0%】
 22:30 EUR ドラギ総裁定例記者会見
 24:00 USA 12月新築住宅販売件数 年率換算件数
        【前回:73.3万件 予想:67.5万件】
        前月比【前回:17.5% 予想:-7.9万件】
1月26日(金)
 22:30 USA 10-12月GDP
        【前回:3.2% 予想:3.0%】

チャート予想

来週は今週からの下降トレンドの勢いそのままに110.00も割り込んで下がる可能性があるかなと考えています。そうなると108円台を目指す動きになるのではと予想しています。しかしここで反発するなら110.2あたりを底として押し目を待ってロングを狙うのも良いと思いますが、その場合111.50を上に抜けるかどうかがポイントとなるかと思います。週末の110.50あたりで少し反発が見られるのでこれが安値切り上げの動きなのか、単に111.50あたりからの下げに対する調整なのかが気になるところです。

この記事をシェアする
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です