トレード分析@USD/JPY#001

2018年1月2日から1月5日までのトレード分析です。

今年始めは去年のチャートの動きを振り返ってみたいと思います。
去年は一昨年の米大統領選挙後の上昇トレンドによる一昨年12月の118.66から少し値を戻した117.40あたりから始まりましたが、一昨年の上昇トレンドから一転して下降トレンドへと転換し4月に108.13まで下げるかたちとなりました。その後10月頃まで108円から115円の間でレンジ相場となり上昇下降を繰り返しました。11月に入るとレンジ上限付近の114.73から反転して下降トレンドとなり、レンジ下限の108円を目指すかに思われましたが110.84で反発して再び上昇していきました。12月に112.00から113.70あたりの小さなレンジを形成したところで終了しました。

今年は去年11月の安値を大きく切り上げた事による三角持ち合いからの上限レンジをブレイクする動きを見せるのか、再び下降し108円から115円のレンジ相場を継続する動きとなるのかが注目ポイントとなります。
今週は112.50の下窓から始まりました。開始早々に窓を埋めるべく112.80まで上昇しましたが窓を埋めた後は先週の下降トレンドの流れから急落しました。112.00あたりは強いサポートラインがあり先々週もここで反発したことから今週も112.05をつけたところで反転して上昇トレンドへと転換しました。週末まで上がり続けて113.30まで上がりましたが雇用統計の結果があまり良くなかったのか少し値を戻して終わりました。

チャートナビ

月曜日

元旦のため市場はお休みになります。

火曜日

今年は下窓から始まり窓を埋めるべく上昇しましたが、先週からの112.00を目指す下降トレンドを考えると窓埋め後の112.70あたりの戻りをまってショートで入るのが正解でした。黄色線フィボナッチ50%で一度反発する可能性はありましたが、そのまま抜けて112.00を目指す動きになりました。

下降トレンド終端は黄色線フィボナッチ61.8%と赤色線フィボナッチ38.2%のある112.00あたりが強いサポートラインとなっているので112.10でロングを狙うのもありかと思います。ただし、上昇トレンドへ転換したわけではないのでこの時点でのロングは112.30あたりまで決済した方がいいかなと思います。

水曜日

この日は112.20−112.40のレンジとなりました。午前中112.20を試して反発した後、NY時間あたりから再び112.20を試しに行きました。もし112.20を割れば112.00を試しに行く動きも考えられましたが割らずに再度反発した事で上への意識が強くなったと思います。この日はあまりエントリータイミングがないように感じました。

木曜日

前日のレンジをブレイクして上昇トレンドとなりました。112.80まで上がったので押し目を待って入れればいいのかなと思います。ちょうど移動平均線がゴールデンクロスするあたりの112.50付近からロングがエントリーポイントと考えました。ただ、112.80は先週からの下降トレンドの最後の戻り高値のレジスタンスラインとなり押し目を作らずにそのまま下落する可能性を考えて112.50を割ってしまえば早めの損切をしたほうが良いと思いました。

金曜日

木曜日に112.80ダブルトップを形成せずに112.50で再び上昇したことから113.60を目指すかたちとなりました。再度押し目を待って入るのならEMA25の紫線をタッチする112.70あたりでロングするのもありですが、慎重にいくならばレジスタンスラインを抜けた112.90でロングするのも良いのかもしれません。

トレード成績

今週はノーポジなのでトレード成績はなしです。

週間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益



月間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益



年間
勝率
損益率
獲得pips
決済損益
評価損益
総資産
入金額
出金額





500,000円

来週の展望

注目イベント

1月12日(金) 22:30 USA 消費者物価指数&小売売上高

チャート予想

移動平均線がゴールデンクロスしそうな事もあり、緑線のチャネルラインをブレイクして113.40を超えるならこのあたりでロングしたいです。ただしレンジ上限113.75がひかえてるのと今週末にある指標が前回の結果よりも悪いと予想されている事からこのレンジをブレイクするための材料は乏しいように感じています。なので113.40でロングしても113.60が利確ポイントかなと考えています。

逆に113.00を割って下にいくなら112.90あたりでショートを入れてみたいです。先々週くらいから三角持ち合いとなってきているので、上下のチャネルラインの範囲内でロングとショートを両方狙うのもありかと思います。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です