ヒロセ通商 LION FX

国内・国外問わず様々なFX業者がありますよね。

2016年6月からリアルトレードを始めたのですが、それまでの間にいくつかFX業者を使ってみました。

今はほぼヒロセ通商のLION FXを使っています。というか最初にヒロセ通商を使いはじめてから他のFX業者を使ってやっぱりヒロセ通商に戻ってきた感じです。

なぜヒロセ通商を使っているのか?それを今から書いていきたいと思います。

ちなみに業者の回し者でもなんでもありません。またヒロセ通商の細かな情報に関しては「ヒロセ通商 レビュー」でググればいくらでもでてくるのでそちらを参照していただいた方がよいです。あくまで個人的な感想として自分が使ってみて「イイ」「ダメ」と思ったところを簡単にピックアップして書いた記事になります。

なぜヒロセ通商なのか

FXをはじめようと思った時にどのFX業者が良いのかなと比較サイトなんかで探していました。今もずっとそうですが自宅PCはMACノートだったのでMACで使いやすいところが良いななんて思っていたらヒロセ通商だけMAC専用ツールとして対応していたのです。
「よしここに決めた!」
ほんとただそれだけです(汗)

その後アプリもあるかどうか調べてみたらiPhone・iPadもアプリがあって落として使ってみたら。
「使いやすいじゃん」
とますますヒロセ通商で良いかなと思って本格的にここでリアルトレードを始めるに至りました。

ここがイイ

アプリの操作性が良い

ここでいうアプリとはiPhoneとiPadのアプリなのですが使いやすいです。
iPhoneはチャート画面にクイック注文機能があるのでチャートを見ながら売り買いがし易いです。チャート画面上にある「クイック注文ON」ボタンを押すことでクイック注文画面表示モードとチャート全画面表示モードの切り替えができます。

チャートの確認だけしたい場合にクイック注文OFFにしておけば注文ボタンが非表示になるので誤操作で注文ボタンを押してしまう事もないですし、逆に非表示からすぐに注文を入れたい場合でもボタンを押してすぐに注文ボタンを表示させやすいので大変便利です。

またアプリのカラーテーマの変更やチャート画面の色や表示設定などの見た目の変更や、ショートカット設定でアプリ画面下部のアイコンタブを自分好みの機能に入れ替えができたりとカスタマイズ性の高いアプリだと思います。

一方のiPadは画面が大きのもあって4画面同時に表示された状態にできるので様々な時間軸のチャートを並べて確認するのに便利です。また並んでいるチャートの画面をタップするとそのチャート画面が全画面表示に切り替わり、再度全画面表示されたチャート画面をタップすると再び分割表示に切り替わるのでチャート画面の切り替えがスムーズに行えます。

iPadもiPhone同様にクイック注文画面でロット数の調整や両建てのON/OFF、
指値・逆指値の設定などが素早く行えるので大変便利です。

iPhoneもiPadも単体で使うにも申し分ないくらいなのですが、私はiPadでチャート画面から情報を分析して実際の取り引きはiPhoneで行う感じで役割を分担させて使ってます。

アプリの更新頻度が高い

これもiPhoneとiPad両方なのですが結構更新頻度が高くて処理速度の改善やバグフィックスがメインですが新たな機能が追加される事もあって操作性向上の為の対応も考えてくれているのかなと思います。

他の業者より取り引きの開始時間が早い

通常時間はどのFX業者もほとんど同じで取り引き時間が月曜日午前7時からでヒロセ通称も同じなのですが、サマータイム適用後の時期は他のFX業者は通常時間と同じ月曜日の午前7時から開始がほとんどですがヒロセ通商は取り引き時間が月曜日の午前6時からになります。1時間早くスタートできるのは他の業者よりそれなりに有利な状況で取り引きできると思います。

取り引きに応じたキャンペーンが楽しみ

食品系のキャンペーンがほとんどで毎月取引量に応じてもらえる商品の量も増えたりするのでただトレードするより少し楽しみが増える感じです。

LION分析ノートが超便利

ヒロセ通商を使い続けている理由の本命はこれだと言っても過言ではありません。

LION分析ノートは「通貨別ペア集計」「年間月次集計」「年間曜日別集計」の3つの分析機能があります。


特に「通貨別ペア集計」は資金管理には欠かせないペイオフレシオや勝率などがありわざわざ自分で計算する必要がないのでありがたいです。その他にも売買の比率やトレードの保有時間などのトレード分析に役立ちそうなものも多くあります。

「年間月次集計」「年間曜日別集計」もトレードの損益状況が手軽に確認できるので月次や曜日に対するトレードの傾向が知れて良いですね。

初心者や経験の浅い方なら自分のトレード状況を知ることが安定した収益につながるはずです。毎回自分でトレード結果を調べて分析するのはかなりの手間なのですが、これがあればサッと成績が確認できるのですぐに分析して次のトレードに活かしやすい事間違いなしです。

ここがダメ

MACのツールが使いにくい

どのFX業者でもそうなのですが基本PC向けのツールは使いにくいんですよね。ヒロセ通商のMAC版ツールも使いにくいです。特に注文や決済が毎回操作しづらくてタイミングを逃したりするのでイライラしちゃいます。なので今はMACのツールはほぼ使っていません。

スプレッドが開きやすい

どの業者でも指標発表前後はスプレッドが開きやすいのですが、ヒロセ通商は大きい場合だと10pips以上開くのではっきりいって指標ではトレードできませんね。更に毎日の取り引き終了前と開始後もスプレッドが開くのでその時間帯で決済したい・エントリしたいと思っても開いたスプレッドを見て躊躇してしまうといった事があります。なのでスプレッドが大きく開いてしまう場面が多くあってこれに関してはかなり不満だったりします。

iPhoneアプリの機能が少し不十分

iPhoneアプリの操作性は概ね良好なのですが、チャート画面のライン等のオブジェクト描画が使いにくいです。例えば1時間足チャート画面で水平線を付けて15分足チャートに切り替えてみた時に水平線が描画されてなかったりします。痒いところに手が届かない感じですかね。

まとめ

ヒロセ通商はしっかりと勉強しながらトレードしたい人にオススメのFX業者かなと思いました。

1000通貨からトレードできるので小額で取り引きしてLION分析ノートを使って分析しながらトレード力を磨いていくと良いと思います。

また、キャンペーン商品を目標に取引するのも楽しみながらトレードできる魅力のひとつだと思います。

一度お試しあれ。

この記事をシェアする
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です