続ける事とやめる事でみえてくるもの@トレード分析#044

2018年10月29日から11月2日までのトレード分析です。

今週の相場は色々な動きがありました。暴落していた株価が回復の兆しを見せつつあり、米中貿易摩擦の改善に進展や英の離脱に絡む金融関連の懸念が緩和から豪ドルやポンドが大きく上昇しました。SNSなんかも見るとトレーダーさんたちはこの波に乗って利益を出したみたいな事をよく見かけましたが私はというと今結構壁にぶち当たっていてほとんどトレードできませんでした。負けないトレードが出来つつあるのですがそれと同時に勝てなくもなっていてそこからの脱却を図ろうとあれこれ考えているうちに考えすぎてトレードに入れなくなってしまっています。

理由は様々あると思うのでひとつひとつ改善していかないといけないのですが、メンタルの部分でトレード出来ていない気がしますね。現在の資金力と取引量でのトレードに自分のメンタルが追いついていないように思います。そうそう負けられない資金と取引量では慎重になりすぎて「リスクを負う」覚悟までなかなか持っていけていないです。正直なところ今はまだ「利益を出すトレード」ができる段階にはないと感じています。どちらかというと「経験して身につける」段階のトレードだと思っています。今はまだまだ積極的にトレードして自分の手法を固めていかないとだめなのに資金と取引量がそれを踏みとどまらせている事でこのアンバランスな状態が生まれているのではと考えています。なので次回からは証拠金と取引量を減らして手法固めのトレードを実践していきたいと思います。

デモトレードに戻って手法固めのトレードをやるという方法もあるかと思いますが自分にとってはもうリアルトレードでしかこの先成長しないと思っています。ただトレードとしては色々無駄な手法やメンタリティを捨てていかないといけない部分が多くあるとも思っています。続けるべき事とやめるべき事をはっきりさせて程良いバランス感覚でトレードをしていく事で確信の持てる手法がみえてくるものと信じて進んでいきたいです。

分析

USD/JPY ドル円

下降トレンドは早くも終了

先週の大きな下落からのV字回復で大きな上昇への勢いがついたと思います。先週からのトレンドラインも一度は抵抗にあいましたが2度目はしっかりとブレイクしていきました。その後は先週も戻り高値もしっかりと更新してレンジとはならずに上昇トレンドへと動いていきました。

サポートしっかりでレンジ相場へ

113.40で抵抗にあって落ちていきましたが週始めの112.56のレジサポ転換したサポートラインがしっかり効いて再び上昇していきました。これにより高値圏でのレンジ相場となったように思います。

EUR/USD ユーロドル

1.1300のサポートラインは強力だった

週始めからは下降トレンドの中ゆっくりと下げていきましたが、8月中旬に反発して出来たサポートラインが思いの他強力だったように思います。このラインをぴったりつけてあとはそのまま上昇していきましたね。正直このラインの反発を狙った逆張りロングエントリを伺っていたのですがタイミングを逃してしまいました。

先週のユロルの大負けをまだ引きずっている気がします。
(´・ω:;.:…

EUの動向に注目を!?

イギリスの金融サービスに関してEU離脱後もアクセス維持が暫定合意された事に好感が持たれてポンドが上昇していきました。これに引っ張られるようにユーロも上がっていったように思います。この動きでこれまでの下降トレンドから上昇トレンドへの転換を呼び込みましたね。

これまでアメリカや中国などの貿易問題が表立っていましたがEU圏の情報もしっかりと確認していきたいと思いました。

上位足でしっかりと抑えられる

上位足を見てみるとまだまだ下降トレンドとなっておりトレンドラインにフォローされた事で長期的な上昇トレンドは少しお預けになったのではと思います。とりあえずはレンジ相場となるか再び下降トレンドとなるのかは注視していきたいところですね。

注目イベント結果

成績

今週もプラス収支でフィニッシュです。しかし前から抱えていたトレードの壁を超えるためには色々と変化が必要です。証拠金50万円というのは自分にとってかなり大きく負けられないトレードをしてしまい、結果エントリできない状況が続いていたのだと思います。なのでここで一旦証拠金を15万円にまで減らし、1ポジあたりの取引量も少し減らしてよりリスクをかけるトレードして自分の手法固めを行っていきたいと思います。15万円は決して少額というわけではありませんが失っても問題ない範囲の証拠金であるとの判断です。

週間 865円
9月 3,197円
10月 1,711円
出金 350,000円
原資 150,000円
損益 4,908円

展望

注目イベント

次週はFOMCがありますね。しかし金利据え置き予想なので大きな影響はなさそうに思います。それよりも11月6日はアメリカ中間選挙があります。この選挙結果はしっかりと抑えておきたいところですね。

USD/JPY ドル円

ラインブレイクorダブルトップ

113.60を抜ければ買いで攻めていきたいですね。しかしブレイクせずに下落するとダブルトップ形成でさらなる下落となる可能性もあるので112.60-113.40の間は慎重にトレードしたいです。

安値圏では買いを狙う

安値圏の111.40のライン付近では逆張りロングを狙ってみたいです。一度大きなサポートで反発されたラインは2度目も反発が強いのではと思います。ただサポートラインかトレンドラインのどちらの反発を狙うかはしっかりとローソク足のかたちを見て判断したいと思います。

大きな上昇でも目標は114.60

たとえ113.60をブレイクして大きく上昇していってもおそらく上昇には少し時間がかかるでしょうから114.60付近に到達するのは早くても週末あたりではないでしょうか。そうであれば週末手仕舞い売りを狙いやすいと思うので高値圏からは売りを意識していきたいです。

EUR/USD ユーロドル

再びトレンドラインを目指す?

上位足のトレンドフォローで下落していますが落ちきらずに再び上昇していけばこのトレンドラインをブレイクする可能性があるのではと思います。そうであれば割と大きく上昇していくのではないかと予想しているのでブレイク直後のロングを入れつつ押し目買いロングも積極的に狙っていきたいです。

逆にこのまま下落して再び1.1300を狙うのであれば1.1300のサポートライン割れを確認してからの売りを意識したいと思います。

まとめ

基本的にドル円とユロルのトレードをしていくつもりですが手法固めの検証などで他の通貨ペアもトレードするかも知れません。次週のもそれなりに各通貨ペアに動きがありそうな気がするので積極的にトレードしていき負けた場合のデータ収集と分析をしっかり行っていきたいですね。

週の中頃はアメリカ中間選挙とFOMCが控えているのでこの動きをにらんだ戦略を立ててしっかりとトレードしていきたいと思います。

経済ニュースはこまめにチェックしていこう。
٩( ‘ω’ )و

この記事をシェアする
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です