嵐の前の静けさ@ドル円トレード分析#030

2018年7月23日から7月27日までのトレード分析です。

今週のドル円は方向性の出にくいレンジ相場となりましたね。正直かなりトレードしにくかったです。
(´・ω:;.:…

前回大きな下降トレンドに入って今回更に下げてくるのかなと思っていましたがなかなかに底が固くて上値も重いので目線が定まらなかったのですがFOMC政策金利や米雇用統計などの大きな経済指標が控えておりそれまではあまり目立った動きを見せなかったのではないでしょうか。
(ΦωΦ)

4時間足を見ても7月くらいからのチャートの動きから大きな三尊を形成しそうな形をしているんですよね。なので次の経済指標の結果次第では三尊形成からの更に大きな下落となる可能性もありますし、逆に三尊がくずれてしまえば元々ファンダメンタル的には上への意識が強いと見ているので再び大きく上昇していく可能性もあるとみていて今週のチャートの動きはまさに嵐の前の静けさの状況だったのではないかと思っています。
(゚A゚;)ゴクリ

チャート概況

Point1

110.75はそれまでのチャートの動きで何度もレジサポ転換している箇所になります。前回も7月初旬にこの位置でサポートされて一気に上昇して113円を目指したので、今回もここでサポートされる可能性があると考えていて結果的にサポートされて反発していきましたね。

Point2

110.75から反発して上昇しましたが111.54で止められて再び下落していきました。ここから水曜日にかけて三角持ち合いを形成していきチャネルライン下限をブレイクしました。

Point3

Point2でのブレイク後の下落で今週安値110.58をつけて上がっていきましたが、チャネルライン上限に抑えられたかたちとなりました。高値も安値も少し切り下げてはいるのですが明確に下がりたいわけではなくフラッグでのレンジ相場を形成している状態になりました。

注目イベント結果

修繕版は指標は少し悪かったように感じますが金曜日の米GDPの結果は前回値から大きく改善された結果となっています。全体的に指標結果は可もなく不可もなくといった感じでそれがドル円の動きにも表れているような感じがしました。

チャートナビ

Entry1

戻り売りを狙ったショートエントリです。111.50あたりでショートしていて利確ポイントは本来ならこのエントリ前の安値110.75あたりを狙いたい所でしたが下がりきらずに111.00あたりで反発してしまっているのでダブルボトムを警戒して2度目の111.00タッチでの利確が良いかなと思いました。

Entry2

チャート概況でも述べた月曜日から水曜日にかけて三角持ち合いの下限ブレイクからの戻りを狙ったショートエントリです。111.00あたりでショートしていますが利確は110.80あたりの浅めで良いかなと思いました。
週後半は111.00-111.20の小さなレンジとなったのでエントリできるところはなかったのかなと思いました。こういったレンジはスキャルが有効ですよね。

トレード成績

今週はほぼノートレ状態でした。兼業でドル円のみだとどうしても時間的な制約もありなかなか入りたい所で入れないですからねー。
(´・ω・`)

しかも今回のような狙い所が絞れないような状況などなおさらノーチャンスでしたね。
(-_-)

一応ほんの少しですが微益で収支を終えています。
以前からの課題ですが、今のところ兼業でドル円のみのトレードなのでチャンスが巡ってこずにトレード回数が極端に少なくなる場合があるのでなんとか改善していきたいと思います。

週間
勝率 40%
損益率 8.084
獲得pips 8.2pips
決済損益 820円
月間
勝率 52%
損益率 0.769
獲得pips -51.7pips
決済損益 -8,357円
年間
勝率 65%
損益率 0.594
獲得pips 208.8pips
決済損益 17,133円
1月 -54,296円
2月 33.002円
3月 16,016円
4月 12,933円
5月 -3,273円
6月 21,126円

来週の展望


パターン1

上昇トレンドのパターンですが111.50のレジスタンスを抜けるかどうかがポイントです。恐らくですが週前半は様子見であまり動きがないと考えていて、この上昇トレンドは週後半の大きな指標結果によってブレイクするのではないかなと思います。

抜けてしまえば111.50-112.50あたりまでは特にレジスタンスがあるようには見えないのでそのまますんなりと上がっていくのではないかと予想しています。

パターン2

このパターンは110.58-111.50のレンジになる場合です。これもパターン1と同様に111.50を抜けるかどうかですが、抜けなかった場合は一旦下がってくるのではないかと思います。しかし、110.58のサポートそれなりに強そうに思うのでここで反発してしまえば再び上昇してレンジのような動きになってくると思います。

パターン3

下降トレンドのパターンですが、110.58を下に抜けてしまえば三尊形成への意識が働いて更に下落する可能性が出てくると思います。この状態で週後半の指標結果が悪いと更に下落していき109円前半まで落ちてくる事も考えられます。

まとめ

今週はずっとレンジ相場でしたが来週はどちらかに大きく動き出すのではないかなと思います。特に週後半の経済指標の結果に大きく左右されそうな気がしますね。

来週は嵐を巻き起こしそうな経済指標に備えて十分に環境認識を行ってトレードに臨みたいと思います。
ʕ•̀ω•́ʔ✧

この記事をシェアする
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です