【裁量トレード分析】マイルールの明文化

久しぶりの記事です。2週間以上空けてしまいました。

3月途中で色々と思う事もありトレード全般的にお休みしていました。

やる気がなかったわけじゃないのですが仕事の忙しさ(という言い訳)もあってなかなかトレードにしっかり集中できない状況でこのトレード分析記事もなにか中途半端になってるのではと思い、それなら一度記事もトレードも止めて見直してみようと思いずっと見直し作業を行っていました。

これまでの裁量トレードのやり方自体は大きく見直したわけではありません。自分のこれまでの経験や考え方を含めた方向性は間違っていないと思っているからです。ただ振り返ってみるとこれまでのトレード分析の記事と実際のトレードがうまくリンクしていなくて成長のサイクルがしっかりハマっていなかったと思いますね。

なのでトレードそのものを見直すというよりも「実際のトレード」→「トレード分析(アウトプット)」→「トレードの軌道修正」のサイクルを見直ししたという感じでしょうか。

まず最初に行った事は「マイルール」の洗い出しです。なんとなく頭の中にはあってそれを元にトレードしてはいたのですがぼんやりした所も多くて結局そこに問題があるのではと思ったのです。なのでこれまでの「マイルール」を明文化してみて過不足があればはっきりさせる作業を行いました。

次に記事内容の見直しですね。このマイルールをしっかりと明文化して実践した内容をどのように記事にアウトプットするかを考えました。これまではただその週のチャートに関する概況と展望を書いていた感じがしていて自分のルールとどう関係があるのかないのかわからない内容になっていたと感じましたね。

なので、「ルールの明文化」→「ルールに沿ったトレード」→「そのトレードのアウトプット」のサイクルをしっかりと意識して行うことで自分のトレードをしっかりと固めつつ記事を書く意義も出てくるのではないかなと思います。このサイクルをしっかり回せば自分のトレードの何が良くて何が悪いのか見えてきますしそれをアウトプットすることで客観的に判断しつつトレードの起動修正をしたりこれまでのトレードを振り返ったりできますしね。まあよく言われるPDCAサイクルってやつですね。仕事でもなんでもこれをきっちりやることが成功に繋がると思っています。

と、言うことで今回の記事はその「ルールの明文化」したものを書いてみます。これまではトレードスタイルを意識することなくトレードしていましたが今回から「デイトレード」と「スキャルピング」の2つのトレードに分けて明文化してみます。ここも曖昧だったルールのひとつです。

完璧な明文化はできていないですが、もしかしたら実際にやってみて「まだまだ曖昧だなぁ」とか「やり方がおかしいな」とか出てくるかもしれないですしそのなかで徐々に自分ルールを精査していきたいです。

デイトレード

時間軸の使い方
日足&4時間足

・日足&4時間足チャートで水平線、トレンドライン、フィボナッチを使う。
・重要な転換ラインや方向性をこの時間軸を使って見極める。

まず最初にみるべき時間軸での環境認識ですよね。大きな時間足では転換すると思われる重要なラインやフィボナッチでの反発(抵抗)が予想されるラインを認識するようにします。ここからトレードが始まるといった感じです。以前はEMA25&50&75の3つのラインも引いてトレードしていましたがそれはやめました。ちょっと情報過多になりすぎて判断に迷うことが多かったからです。

1時間足

・EMA25&75、水平線を使う。

こちらは逆にトレンドラインやフィボナッチを使うのをやめました。ただEMAはどうしても使わない選択というイメージがなかったので使うならこの1時間足でかなと思います。そしてこの1時間足を主軸としてエントリポイントや利確&損切りラインの見極めで使います。エントリポイントは最初15分足を使おうかなと思っていたのですがこれまでもあまり15分足を使うことはなくて迷いましたが15分足は使わず1時間足を常に意識したトレードをしてみたいと思います。

エントリについて

・EMA25&75がパーフェクトオーダーが出ている状態でエントリする。
・EMA25にタッチまたはタッチしそうなところで反転したタイミングの順張り押し目買いまたは戻り売りでエントリする。
・上位足(日足&4時間足)の反転ラインの逆張りは狙わずに反転ラインから1時間足で転換を判断してエントリする。
・エントリ条件に合致していても重要指標発表前は様子見して発表後にエントリする。

エントリは順張りを意識したトレードをしたいですね。なので1時間足の主軸を使ってレンジなのかトレンドなのかを見極める力が必要になります。

またエントリタイミングもしっかりとEMAを使えるようになりたいです。これまでも思い返せばEMAのラインを意識したエントリを考えていたのに躊躇してチャンスを逃すことが多々ありました。

利確&損切ライン

・戦略上の利確、損切ラインの根拠をしっかりと示してエントリする。

このルールもわかっちゃいるけど出来ていないってやつですね。特に利確は曖昧になりやすく大きく利幅を伸ばせない事もしばしば、、

ただはじめから明確な利確、損切ラインは決めれるわけではなくチャートの動きに合わせた戦略が必要になってきてそこがまだマイルールとしては弱いかも知れません。もう一つは利確、損切ラインをマイルール化するというよりも利確、損切ラインの決め方を見つけるといった方が良さそうです。

ここに関してはトレードしながら掘り下げていきたいと思います。

スキャルピング

時間軸の使い方
1時間&15分足

・水平線を使う。

デイトレードでは水平線の他にトレンドラインやフィボナッチを使っていましたがやはり短期足にはあまり効果が薄いと思われるのでこの時間軸では水平線のみを頼りにトレードした方が良いかなと思いました。その方がよりシンプルな考えと認識でスキャルピングできる気がしますね。

5分足

・EMA25&75を使う。

主軸となる時間軸です。デイトレードの主軸ではEMAとラインを使ってトレードしようと思いますがスキャルピングの5分足レベルではラインを引いてしまうとラインが多くなりがちで逆に判断に迷ってしまうと思います。どちらかといえばラインをひくよりは他のインジケーターを使った方が効果的かも。ただ最初のトレードには使わずEMAのみでトレードしてみてそれでうまくいかないときはインジケーターを考えてみたいと思います。

エントリについて

・EMA25&75がパーフェクトオーダーが出ている状態でエントリする。
・EMA25にタッチまたはタッチしそうなところで反転したタイミングの順張り押し目買いまたは戻り売りでエントリする。
・の逆張りは狙わずに反転ラインから1時間足で転換を判断してエントリする。
・上位足(1時間&15分足)の反転ラインやレンジ相場で逆張りエントリはOK。

EMAを使ったエントリタイミングはデイトレと同じですがスキャルピングに関しては転換ラインやレンジ相場からの逆張りはありかなと思います。

利確&損切ライン

・戦略上の利確、損切ラインの根拠をしっかりと示してエントリする。
・逆張りエントリ時は損切りラインは浅めに設定しておく。
・ポジションは1時間以内に決済する。

デイトレ同様まだここはマイルールとしては曖昧な部分ですね。トレードの中で詰めていきたいと思います。
ただポジションの長期保有はスキャルピングにおいてはリスクにしかならないので多少の含み損の状態なら1時間以内の見切りをつけて損切りするようにトレードした方が良いかなと思いました。

まとめ

デイトレード

・日足&4時間足チャートで水平線、トレンドライン、フィボナッチを使う。
・重要な転換ラインや方向性を日足&4時間足チャートを使って見極める。
・1時間足チャートではEMA25&75、水平線を使う。
・1時間足チャートを主軸としてエントリタイミングや利確、損切りラインを決める。
・EMA25&75がパーフェクトオーダーが出ている状態でエントリする。
・EMA25にタッチまたはタッチしそうなところで反転したタイミングの順張り押し目買いまたは戻り売りでエントリする。
・上位足(日足&4時間足)の反転ラインの逆張りは狙わずに反転ラインから1時間足で転換を判断してエントリする。
・エントリ条件に合致していても重要指標発表前は様子見して発表後にエントリする。
・戦略上の利確、損切ラインの根拠をしっかりと示してエントリする。

スキャルピング

・1時間&15分足チャートで水平線を使う。
・重要な転換ラインや方向性を1時間&15分足チャートを使って見極める。
・5分足チャートでEMA25&75を使う。
・5分足チャートを主軸としてエントリタイミングや利確、損切りラインを決める。
・EMA25&75がパーフェクトオーダーが出ている状態でエントリする。
・EMA25にタッチまたはタッチしそうなところで反転したタイミングの順張り押し目買いまたは戻り売りでエントリする。
・の逆張りは狙わずに反転ラインから1時間足で転換を判断してエントリする。
・上位足(1時間&15分足)の反転ラインやレンジ相場で逆張りエントリはOK。
・戦略上の利確、損切ラインの根拠をしっかりと示してエントリする。
・逆張りエントリ時は損切りラインは浅めに設定しておく。
・ポジションは1時間以内に決済する。

さいごに

これからもトレードを続けるにあたって大事にしたいことは、
マイルールの「明確化」→「実践」→「修正」→「再試行」…
このサイクルを意識する事ですね。

冒頭でも書きましたが今までもこれをやってたつもりになっていたのですがふと振り返ってみるとこのサイクルがあまりうまく回っていなかったですね。

ここに書いたマイルールはまだまだ荒削りでこれからトレードしながら精査していく予定です。ごっそり内容が変わることはありませんが多少の増減や変更はあるかと思います。ただ最終目的はこのマイルールを確信のあるトレードとして自分の中にしっかり落とし込んでこのマイルールの明文化がなくても安定したトレードをすることですね。まずはその最初の1歩になりますが頑張って続けていきたいです。

(๑•̀ㅂ•́)و✧

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です