【裁量トレード22週目】TitanFXからXMに返り咲き

2019年5月27日から5月31日までのトレードです。

今週はノートレでした。2月から使っていたTitanFXですが次回からXMに返り咲こうと思います。元々XMは自動売買用の口座で使っていたのですが現在はGemForex一本に絞って自動売買しているのでXM口座は持て余していたのです。そして海外業者の中でもXMはMT5が使えるという事で使ってみたいなーっていうのが返り咲きの理由ですね。

MT5を色々と触ってみているのですがほぼMT4と変わらない使いやすさにちょっとした改良が加えられてる感じがします。ただこのちょっとした改良が大きな使いやすさに繋がっている気がします。

6月からはユーロ・ドルの通貨ペアも見ていこうと思っています。ただ実際にトレードするかどうかはわかりませんが、、、以前にやってみてドル円とは違ったチャートの癖みたいなのがあって中々難しかった記憶があります。今回はいずれトレードするであろうユーロドルの通貨ペアもチャート分析で慣らしていこうと思います。

分析

今回はノートレなので分析はお休みです。

成績

証拠金 99,093円
今週の損益 0円
5月の損益 1,211円
4月の損益 -1,207円
3月までの損益 -45,541円

成績もノートレなので収支の変動はありません。来週はこの証拠金とXM口座にある証拠金を使う事になります。

戦略

日足チャート

4時間足チャート

1時間足チャート

今週の下落の目標地点は107.80

週末にかけて大きな下落となっていますね。この状態ではまだ売りも買いも入れないと思います。とりあえず一旦どこで下げ止まるのかを見極めないといけません。そのうえでスキャル気味に逆張りロングに入るのか、戻り売りを狙った順張りショートを入るのかを考えていこうと思います。

とりあえずこの下落に対する一旦の底は107.80だと思っています。ここで反発されればフィボナッチを使った逆張りロングに入ろうかなと思いますが、ここもスルッと抜けてしまえばもう少し様子見となるでしょう。

トレードで意識する事

・1波→2波→3波からの波の転換に気をつける
・トレードの中の「必然」と「偶然」を見つける。
・移動平均線のパーフェクトオーダーには素直に従おう。
・トレンドフォローの重なりを意識する。
・EMA25のラインまで引きつけてからエントリする。
・スパイクからの順張りエントリは危険。


XM Tradingの口座開設はこちら

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です