【裁量トレード21週目】イチ・二・サン・ハイッ!のエリオット波動

2019年5月20日から5月24日までのトレードです。

今週も1度だけのトレードで終わってしまいました。最近は週の分析と戦略を行ってからのリカバリができてません。なので週前半にトレードしてあとはそのまま終わってしまうパターンになってしまいます。トレード回数を増やすかどうかよりもどれだけ戦略に対するリカバリができるのかが今後の課題です。

分析

4時間足チャート

1時間足チャート

1時間足チャート(結果)

週前半の上昇波と週後半の下落

今週は上昇波2波目の途中から始まっています。そして週中頃までに第2波→調整→第3波とわかりやすく波を作っていきました。週後半からは徐々に下げつつ木曜日あたりから大きな下落となっています。この週後半の「徐々に下げつつ」は週前半からの上げに対する調整、「大きな下落」は先週からの上昇に対する週末までの利確売りの勢いが強まったのではと思います。

エントリタイミングは波を意識

今回は週初めに早速110.04でロングエントリしました。しかし波を意識するとまだ波の途中なので利確も損切も中途半端になってしまいそうな気がします。ただ押し目待ちに押し目なしというように押し目買いをキレイに狙いすぎるとチャンスを逃してしまいますし、これはこれで目線は間違っていなかった事と下落を想定した建値ストップを入れておけたので戦略的にはOKだと思っています。ただこのエントリタイミングの精度を上げようとするとやっぱり波の動きの認識をしっかりするべきだと思いました。

成績

証拠金 99,093円
今週の損益 124円
5月の損益 1,211円
4月の損益 -1,207円
3月までの損益 -45,541円

相変わらずトレードと取引量が少ないので中々資金が浮上しません。だけどトレード回数や取引量を増やしたところでまだ勝てるだけのトレードができていないわけなので、今はまだしっかりとトレードするために焦らずに資金管理とトレードの分析を行って最適解を求めた戦略を行っていきたいと思います。

戦略

日足チャート

4時間足チャート

1時間足チャート

2つのチャネル

日足チャートを見ると2つのチャネルが交錯していて現在値はちょうどこの2つのチャネルの下限に位置しています。正直下目線の戦略を考えたいところですが、このラインの反発と109円のサポートラインが邪魔をしてショートエントリは躊躇してしまいます。

109円割れトライ

なので109円を明確に下に抜けてから戻り売りを狙って行きたいと思います。ただし下落はスピードが早いので明確に109円を抜けてから戻らずに更に落ちていった場合は逆張りロングの戦略も考えておきたいと思います。

また、109円で再びサポートされるようであれば110.67のレンジを意識した戦略を練っていきます。いつも悩ましいんですが、この「明確に抜ける」「サポートされて反発した」といった判断に確信を持てていないんですよね。どうなれば「明確に抜けた」や「サポートされて反発した」と言えるのかが経験則から判断しなければいけない部分なのですがまだまだこの経験が不足しているかと思います。

トレードで意識する事

・1波→2波→3波からの波の転換に気をつける

・トレードの中の「必然」と「偶然」を見つける。
・移動平均線のパーフェクトオーダーには素直に従おう。
・トレンドフォローの重なりを意識する。
・EMA25のラインまで引きつけてからエントリする。
・スパイクからの順張りエントリは危険。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です