【裁量トレード15週目】国内業者を使うならDMMかヒロセのLION FXか

2019年4月8日から4月12日までのトレードです。

次回からトレードするのにデイトレ口座とスキャル口座を分けてトレードします。スキャルするならスプレッドの狭い国内口座の方が良いと思ったけどどの業者が良いのか少し迷ってました。最初はDMM使ってみようって事でiPhoneアプリ落としてデモ口座を使ってやってみました。が、なんかしっくりとこない。。

これまで長い間使っていたヒロセのLION FXはスプレッドの広がり方やスワップ金利が少し納得いかないけどiPhoneやiPadアプリのツールは秀逸なんですよね。使う時間やタイミングとスキャルに限って使うならありかもという事で次回からスキャルはヒロセに戻ってトレードします。

分析

三尊天井からのトレンド転換を予想

三尊天井を予想してショートエントリを伺っていたけどその根拠となるポイントはチャート画面の長いヒゲと安値の更新&移動平均線のデッドクロス。ただそこに気づいてからの戦略をしっかりと落とし込めなかった。ただ戦略を練っても今は成り行き注文でトレードする事が多くてエントリタイミングが仕事中だったりするとチャンスをよく逃しているので指値注文で入れるように考えないといけない。

エントリタイミングを間違える

一度目のエントリタイミングを逃したあと大きく下げて2度目のエントリを狙っていたけどタイミングが早すぎた。マイルールでもEMA25線にタッチするタイミングだったのにそれを無視してエントリしてしまった。結果建値ストップ注文に引っかかってしまい終了。もう少しひきつけてからエントリしないといけなくていつもそのタイミングでトレードしていない事が問題。このエントリタイミングをルール通りにできるように軌道修正が必要。

押し安値切り上げ&戻り高値更新

2度目のエントリポイントから大きく下げて111円を割れたあたりからの形で3度目の下落がやってくるかなと思っていたけど、安値切り上げて戻り高値を切り上げたところで下降トレンドから転換するかもと予想してエントリは避けた。結果上昇していって週末には112円をタッチする展開となったので売りで入らなくて正解でした。

1時間足の移動平均線はしっかり確認しながら戦略は練るけどやっぱりチャートのローソク足の形が重要だと改めて再認識しました。

成績

証拠金 100,259円
4月からの損益 +1,170円
3月までの損益 -45,541円

あまり証拠金やら損益をここに書いてもしょうがない気もしているけど資金管理的な観点で必要な気もしているのでまだここに書く内容は迷い中。

今は0.1lotで取引しているけど今のメンタルを考えるとlot数を落とした方が良いかも。とにかく今は実践で何度もトライして経験を積まなきゃいけないのに0.1lotでも及び腰になってしまっているので0.01lotまで下げて実践&検証を繰り返せるようにして自分のトレードが固めるよう進めます。

戦略

移動平均線をしっかり使ったトレードを

いつもエントリタイミングを逃しているので今回は移動平均線をしっかり確認してエントリをします。

現在は上昇トレンド中でおそらく次の押し目候補が110.85あたりになると予想。ただこのタイミングが週前半の日中にやってきそうな気がするので指値注文入れる方向で。
そこを下に抜けても110.60でナンピンロングを入ってみて更に110.50を下に抜けると撤退が最初の戦略です。

日足チャートではトレンドラインが上から迫ってきている

一応上昇トレンドではあるけれど日足チャートでは下降トレンドラインが差し迫ってきているので上昇トレンドの利確ポイントとしてはこのトレンドライン前の112.40-112.50あたりになると予想してます。

トーソク足の形をみて客観的トレードを心がける

前回でもそうだけど移動平均線やレジサポラインだけではなくやっぱりプライスアクションを意識したトレードをしたい。客観的事実に基づいた戦略を練って希望観測的な考えは捨てる事。これもしっかりとトレードの中で身につけなきゃいけないので次週の掘り下げはこれかな。

ルール

今回できていなかったところは赤文字で。次はしっかりと意識してトレードしよう!

デイトレード

・日足&4時間足チャートで水平線、トレンドライン、フィボナッチを使う。
・重要な転換ラインや方向性を日足&4時間足チャートを使って見極める。
・1時間足チャートではEMA25&75、水平線を使う。
・1時間足チャートを主軸としてエントリタイミングや利確、損切りラインを決める。
・EMA25&75がパーフェクトオーダーが出ている状態でエントリする。
・EMA25にタッチまたはタッチしそうなところで反転したタイミングの順張り押し目買いまたは戻り売りでエントリする。
・上位足(日足&4時間足)の反転ラインの逆張りは狙わずに反転ラインから1時間足で転換を判断してエントリする。
・エントリ条件に合致していても重要指標発表前は様子見して発表後にエントリする。
・戦略上の利確、損切ラインの根拠をしっかりと示してエントリする。

スキャルピング

・1時間&15分足チャートで水平線を使う。
・重要な転換ラインや方向性を1時間&15分足チャートを使って見極める。
・5分足チャートでEMA25&75を使う。
・5分足チャートを主軸としてエントリタイミングや利確、損切りラインを決める。
・EMA25&75がパーフェクトオーダーが出ている状態でエントリする。
・EMA25にタッチまたはタッチしそうなところで反転したタイミングの順張り押し目買いまたは戻り売りでエントリする。
・上位足(1時間&15分足)の反転ラインやレンジ相場で逆張りエントリはOK。
・戦略上の利確、損切ラインの根拠をしっかりと示してエントリする。
・逆張りエントリ時は損切りラインは浅めに設定しておく。
・ポジションは1時間以内に決済する。

この記事をシェアする
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です