【裁量トレード 14週目】初戦は白星

2019年の14週目のトレードです。

トレードを見直してから最初の週のトレードは白星スタートとなりました。しかしやっぱり色々と考えるべきところが出てきていますね。

さっそく分析してきましょう。

分析


Point1 エントリタイミングはOK。だけど利確ポイントが…

ちょっと水平線を色々といじくった後なのでわかりにくいですが先月20日あたりの最後の戻り高値110.95をレジスタンスラインとみていました。月曜日にこの110.95のレジスタンスラインを抜けた後の押し目買いを狙いました。タイミングや狙う根拠はバッチリですね。しかしすぐさま利確してしまいました。

まあ初戦という事もあってなんとか勝ちで終わらせたかったので利確してまいましたが本来なら111.20あたりが利確ポイントとしていました。戦略的には110.95のレジスタンスラインをブレイクしてから111.20あたりで押し返されているので押し目買いからのエントリしたらとりあえずの利確目標はこの111.20までとして見ていたのです。20pipほどになっちゃうのでデイトレとして考えるならもう少し取りたいところです。なので半分分割決済してもう半分は111.70あたりを目指しても良かったかなって感じですね。

Point2 スキャルピングは国内口座で!

スキャルポイントです。たった1度だけショートで1pips獲得で終わりました。ここをスキャルポイントとしたのは月曜日に少し上げたので週末の雇用統計までは割と様子見の構えを見せるのではと思ってたからです。実際に火曜日はなかなか動きを見せずに111.20-111.45のレンジとなっていました。でもエントリしたのは1回だけなんですよねー。もう少し頑張ってトレードすれば良かった。

ちょっとここで思ったのはやっぱり海外口座はスプレッドが広いと感じてしまいます。TitanFX口座を使っているのでXMやらと比べるとまだ狭い方だとは思いますが国内口座のドル円スプレッド0.3pipsに慣れてしまうとねーって感じです。なのでちょっとスキャルピングはやはり国内口座に戻してチャレンジしようと思います。デイトレはこのままTitanFX口座を使ってトレードします。

Point3 ビビってエントリできなかったよ

ここもちょっとわかりにくいですがPoint3の直前で4時間足チャートで引いた下降トレンドラインをブレイクしていたのです。ただすぐには飛び乗らずに111.58をブレイクするまでは待っていました。そして111.58も抜けたので本来ならばここでロングエントリを入らなければなりません。なのに色々とネガティブ要素を考えてしまいビビってエントリできませんでした。結果チャンスを逃した結果となりました。おそらく111.60エントリで損切りライン111.40、利確ポイント111.70-111.80でトレードできたのではと思います。

成績

証拠金 100,249円
4月からの損益 +1,160円
3月までの損益 -45,541円

「成績」ではマイルール通りにやってみて安定して収支がだせるのか、また資金管理的に問題ないトレードなのかを書こうと思うのですが書く内容がまだちょっと決まってなくてブレてますね。。。次回までにはちゃんと考えてみよう。

戦略


上昇トレンド目標112.13

今は上昇トレンド中ですね。目標は112.13ですがここも抜けると日足チャートの下降トレンドラインまでは上昇すると思っています。1時間足チャートの移動平均線がデッドクロスするまでは上目線のロングで攻めます。下降トレンドの判断としては110.95を抜けるかどうかかなー。赤い水平線の109.68、111.13のちょうど半値あたりになりますからね。110.95を下に抜けずに再び反発すればレンジ相場となると思います。

スキャルピングは週前半

スキャルするなら週前半の動きが鈍い月曜日が狙い目だとみています。緑色の水平線111.54-111.82の間のレンジを行き来するのでは?また112.13を上に抜けて日足チャートの下降トレンドラインまで上昇すればトレンドラインあたりでの揉み合いになるのではと思います。その揉み合いを狙ったスキャルも考えてみるのもありですね。

ルール

デイトレード

・日足&4時間足チャートで水平線、トレンドライン、フィボナッチを使う。
・重要な転換ラインや方向性を日足&4時間足チャートを使って見極める。
・1時間足チャートではEMA25&75、水平線を使う。
・1時間足チャートを主軸としてエントリタイミングや利確、損切りラインを決める。
・EMA25&75がパーフェクトオーダーが出ている状態でエントリする。
・EMA25にタッチまたはタッチしそうなところで反転したタイミングの順張り押し目買いまたは戻り売りでエントリする。
・上位足(日足&4時間足)の反転ラインの逆張りは狙わずに反転ラインから1時間足で転換を判断してエントリする。
・エントリ条件に合致していても重要指標発表前は様子見して発表後にエントリする。
・戦略上の利確、損切ラインの根拠をしっかりと示してエントリする。

スキャルピング

・1時間&15分足チャートで水平線を使う。
・重要な転換ラインや方向性を1時間&15分足チャートを使って見極める。
・5分足チャートでEMA25&75を使う。
・5分足チャートを主軸としてエントリタイミングや利確、損切りラインを決める。
・EMA25&75がパーフェクトオーダーが出ている状態でエントリする。
・EMA25にタッチまたはタッチしそうなところで反転したタイミングの順張り押し目買いまたは戻り売りでエントリする。
・の逆張りは狙わずに反転ラインから1時間足で転換を判断してエントリする。
・上位足(1時間&15分足)の反転ラインやレンジ相場で逆張りエントリはOK。
・戦略上の利確、損切ラインの根拠をしっかりと示してエントリする。
・逆張りエントリ時は損切りラインは浅めに設定しておく。
・ポジションは1時間以内に決済する。

この記事をシェアする
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です