【自動売買 第11週】いきなり大爆死!1ヶ月ももたなかった

2020年第11週の自動売買です。

やらかしました。まさかのロスカットで終了してしまいました。自動売買を再開してからまだ1ヶ月も経っていないのにあまりにも早すぎる退場劇です。

しかも去年の自動売買でロスカットをくらったと同じような過ちをしてしまいました。わかっていたつもりで全然わかってなかった事を痛感しました。かなり自分自身にショックを受けていますが次こそはしっかりと今回のことを活かしたトレードをしなければいけません。

稼働結果

Eternal EA G-Edition

やらかしてしまったEAになります。このEAはナンピンスタイルでのトレードで去年使っていてロスカの原因となった「RizeFx-NC3-NYTIME」もナンピンスタイルでやらかしていたので何故このEAを使ってしまったんだろうって今になって思います。

このEAは資金30万円に対して取引量が0.01lot推奨だったのですが最大10回取引量を0.01lot⇢0.02lot⇢0.04lotと倍々にしながらナンピンする事を考えたら資金30万円じゃたりないですね。おそらく取引量0.01lotに対して1000万円くらいの資金がなければ安全とは言えないでしょう。だけど1000万円に対して0.01lotの取引量しかトレードできないのであれば資金からみた取引量のバランスと運用効率がかなり悪くて結果あまり使えないEAなんじゃないかなと思いました。公式サイトもドローダウンが約2103%とありえないパーセンテージになってますからね。

ナンピンそのものを否定するつもりはないんですよね。戦略的なナンピンとして一度くらいナンピンしてそれでも逆行するなら素早く損切りできるようなロジックであればナンピンスタイルはありだと思います。だけどいつかもどってくるんじゃないか的な逆行する度に何度も何度もナンピンをするようなやり方であればどれだけ長い期間資金を増やし続けたとしてもたった一度の負けで資金をすべて溶かしてしまうコツコツドカンにしかならないです。

なのでEAに限っていえば戦略的なナンピンをするロジックのEAを探すのは難しくナンピンスタイルEAはリスクしかないと結論を出さざるを得ないので今後のEAではナンピンスタイルのEAは厳禁ですね。

Flex Beggar

こちらは問題なく安定した収益となっていたんですよね。去年も同様に安定した収益出していたのに別のEAにいつも足を引っ張られちゃってます。去年も今年3月のサマータイムの切り替えでも問題なく安定した収益を出せているようなので今後もこのEAは使い続けると思います。

今後の展開

3月中は自動売買をお休みしますが4月から再開しようと思っています。「Flex Beggar」は再開時に使うにしても何か「Flex Beggar」だけじゃ物足りないなって気がしていて別のEAも使いたいと思っているのですが、今回のようにリスクしかないのであれば無理して新しいEAを探して使う必要はもうないのかなと思います。だけどそのかわりですがやっぱり自分でEAを開発して使ってみたいなと思うので今後は新たなEAは自分で開発して稼働させれるように進めて行こうと思います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です