【BOシグナル検証Take2】このままでいいのか!?不安を残すテスト結果となりました

BOシグナル検証の記事になります。

先日金曜日に有休取って金土日の3連休にしました。

今この記事を書いているのが日曜日なんですが、ずっと週休3日がいいなとふと思いました。

週休3日になると単純に給料が5分の4になる計算をしてみたんですが生活的にも困らないえですし貯金もできるので特に不満はないですね。

それで自分の時間が使えるのならそっちの方が幸福度は高い気がします。

お金はあって困るものじゃないですが時間はないと困ります。時間をお金で買えるならどんどん買って自分の時間を有意義に使いたいんですけどねー。

time is money. とは良く言いますが、お金以上に時間の価値は計り知れないものだと思います。

Gliath(ゴリアテ)

フォワードテスト

※勝率53%が損益分岐点

今週の結果
勝率 勝敗
15分判定 56% 37-29
1時間判定 27% 3-8
合計 52% 40-37

1時間判定の結果がすこぶる悪いですね。

過去の成績を見返してみたんですが、最初の2週くらいは調子が良かったんですが、それ以降はずっと週別の成績で損益分岐点を割り込んでいる状態でした。

結果的に1ヶ月半にも及ぶフォワードテストでは1時間判定はトータル損益分岐を割り込む勝率となっています。

この事からこのバイナリオプションのロジックに関して1時間判定は有効ではないとの結論になりました。

実運用に向けては1時間判定の結果を除いて考察していきたいと思います。

以下の内容は全て1時間判定は除いた結果となります。

通貨ペア別
トータル 勝率 勝敗
CADJPY 53% 24-21
CHFJPY 62% 21-13
EURAUD 68% 19-9
EURJPY 67% 30-15
EURUSD 60% 21-14
NZDUSD 52% 11-10
USDCAD 58% 26-19
USDCHF 63% 15-9
USDJPY 53% 39-34
合計 59% 206-144

結果としては「CADJPY」「NZDUSD」「USDJPY」以外は合格ラインとなりました。

「CADJPY」「USDJPY」に関しては損益分岐点上にあるのでどうしようか迷ったのですが53%以下の3通貨ペアを今回稼動見送りにしようと思います。

勝率別

※分析データに基づいて過去勝率60%以上になった時間帯だけシグナルを発生させるロジックを採用しています

15分判定 勝率 勝敗
60%台 56% 168-130
70%以上 73% 37-14
勝率別では60%台が少し危うい気がしますが稼動通貨ペアの調整でもう少しマシになるでしょう。

次週の展望
稼動条件の決定

判定時間は15分判定のシグナルのみ稼動で通貨ペアは
「CHFJPY」「EURAUD」「EURJPY」「EURUSD」「USDCAD」「USDCHF」
の6通貨ペアとします。

実運用ルール

証拠金は「6900円」でスタートします。

1回の取引金額は週始め時点での証拠金の10分の1にしようと思います。ただし、100円単位は切り捨てて証拠金が1万以下の場合は取引金額は1000円とします。

この証拠金6900円がどこまで増えるのか、または全て溶かしてしまう結果になるのか、全てはこのバイナリオプションシグナルのロジックにかかっています。

今回のフォワードテストの結果通りとなれば資産は増えていくと思うのですが、実際のトレードとなるとまた少し状況が変わってくるのかも知れません。

いずれにせよここからはやってみないとわからない領域ですし、そこからまたTraial&Errorを繰り返して安定した収益を得られるように精進していきます。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2018 TOMMY imc FX Life