【BOシグナル検証Take2】

BOシグナル検証の記事です。

これまで忙しかった仕事ですが3月末にようやく落ち着いてのんびりできる時間が持てるようになりました。

4月に入って運動不足を解消しようと家のひと部屋をフィットネスルーム化してトランポリンやバランスボードを購入して毎日汗を書くようにしています。

しかし仕事の忙しさからの開放感からか食欲がかなり増してしまいました(汗)

なので運動量が増えて痩せれるかと思いきや逆に体重が増えてしまっている状況であります。近いうちに会社の健康診断もあるのでなんとか体型維持に努めたいと思います。

今週の状況

開発コード:Gliath(ゴリアテ)
MT4のヒストリカルデータにハマる

今週は週初め早々にBOロジックの作り込みを終わらせてバックテストを行おうと思って準備を進めていました。

今回のバックテストでは最新のデータを使おうと思い、ゴールデンウェイジャパン(FXTF)から各通貨ペアのヒストリカルデータをダウンロードしてきてOandaのMT4に入れようとしたのですがかなりハマってしまいました。

ヒストリカルデータは2012年1月から2020年2月までの長期間データでこれをOandaのMT4に入れようとするとヒストリカルデータの入力画面が固まってしまったりオフライン時のチャート画面が表示されなくなったり、挙げ句にはMT4自体が起動できなくなったりと散々な目にあいました。

結局のところ期間の長いヒストリカルデータがダメっぽくてデータを2018年1月から2020年2月までの間であれば何とかMT4に入れ込む事ができるようになりました。ちょっと時間を無駄にした感じ、、、

MT4用のPCを検討

週末には何とかバックテストを終わらせたいです。ギリギリといったところですが、、、

現在はスティックPCを使っているのですがあくまで自動売買を運用する為のPCだったのでスペックはあまり高くないのですがバックテストは正直かなり不向きですね。

もう少しスペックがないとBOシグナルや自動売買の開発に支障をきたすかも知れません。と、言うか現時点でもかなり支障をきたしています。

次週の展望

開発コード:Gliath(ゴリアテ)
次週のどこかではフォワードテストを

このペースだと次週頭からのフォワードテストは出来ないかも知れませんが次週のどこかでは始められるかなと思います。

バックテスト自体は17種類の通貨ペアで行いますが準備できたものから順次フォワードテストを始めるか全ての通貨ペアのテストが終わってからよーいどんで始めるかはちょっと悩んでいます。

できれば同じ期間に揃えたほうが良い気がするので頑張って全ての通貨ペアのバックテストを終わらせてからフォワードテストを始めようかな。

期間は最低2週間

フォワードテストは最低2週間くらいはいるかなと思います。最初の2週間でそれなりのシグナルが出てデータが取れればそこから判断すれば良いわけですが、もし想定よりもシグナルが出なかったら4月いっぱいまでフォワードテストを延長させようと思います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です