【BOシグナル検証②】引き続きデータ収集

2019年6月10日から6月14日のBOシグナル検証結果です。

前週に引き続きBOシグナルのデータを収集しております。最初は2週間くらいのデータで良いかなと思っていたのですがやっぱりまるまる1ヶ月分のデータ収集を行って分析したいと思います。

今週の勝率

通貨ペア
AUDJPY 46%(41%)
AUDNZD 0%(57%)
AUDUSD 67%(53%)
CADJPY 28%(56%)
CHFJPY 37%(50%)
EURAUD 63%(0%)
EURGBP 80%(62%)
EURJPY 59%(59%)
EURUSD 25%(67%)
GBPJPY 42%(52%)
GBPUSD 52%(46%)
NZDJPY 40%(50%)
NZDUSD 53%(37%)
USDCAD 52%(0%)
USDCHF 17%(68%)
USDJPY 45%(0%)

※()は前週の勝率

今週はAUDNZDが動いてくれませんでした。チャートを見るとシグナルに引っかかてるはずなんだけどなー。なんでだろ。。。あと今週は全体的に負け越しが多かったです。特に先週調子の良かったUSDCHFが今週は勝率17%とかなり勝率の波があります。こうして見ると安定して勝てるものとそうでないもの、また状況に応じてかなり勝率が変化するものと段々と通貨ペア毎の傾向が出てきたかなと思います。

結果

通貨ペア
AUDJPY 43%
AUDNZD 57%
AUDUSD 59%
CADJPY 44%
CHFJPY 38%
EURAUD 63%
EURGBP 68%
EURJPY 59%
EURUSD 47%
GBPJPY 47%
GBPUSD 49%
NZDJPY 46%
NZDUSD 44%
USDCAD 52%
USDCHF 50%
USDJPY 45%

2週目にしてばらつきが徐々に収まってきつつありますね。おそらく勝率40〜60%の間に落ち着くのではないかなと思います。そこからは勝率を上げるための通貨ペア毎の調整フェーズに入ります。

ポジション
High 43%
Low 58%

今週はHIGHポジションががっつりやられました。おそらくロングとショートの特性に関係してそうな気がします。ショートは落ちるスピードが早いためLOWシグナルを拾いやすいのですがロングは落ちてから一旦調整のヨコヨコになりやすくHIGHかLOWかが判断しにくいんですよね。もしかしたらBOでは1時間判定のHIGHは勝ちにくいのかも知れません。

時間
0時 36%
1時 48%
2時 89%
3時 56%
4時 37%
5時 78%
6時 55%
7時 48%
8時 36%
9時 78%
10時 39%
11時 34%
12時 50%
13時 62%
14時 62%
15時 48%
16時 25%
17時 41%
18時 58%
19時 32%
20時 68%
21時 60%
22時 92%
23時 35%

時間による勝率の傾向はだいぶでてきましたね。これだけ見ると2時・5時・22時が狙い目なのかも知れませんがもう少し様子見したいと思います。

さいごに

所感
シグナル回数 523
勝ち 264
負け 259
勝率 50%

やはり2週だけだとたまたま大きくかったり負けたりと勝率のばらつきが出やすいのでBOシグナルの最適解とはまだいかないですね。なので1ヶ月くらいのデータ収集から判断した方が良いのかなと考えています。なのであと2週は現状の分析を続けて行きたいと思います。

次回

分析は今のまま続けるとして並行してBOシグナルの開発の設計は進めて行きます。できればAIとまではいかないですがデータを蓄積しながら様々な傾向から予測した柔軟な条件判定ができる仕組みを作りたいと思います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です